スポンサーサイト【スポンサー広告】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



シェア

被災地からの証言まとめ②【地震防災(地域)】

11月28日、東北圏広域地方計画シンポジウム
「東日本大震災、被災地からの証言」
~東北圏の教訓と課題を活かすために~
に参加してきました。

シンポジウムの詳細(PDF)

所要により途中退席したのですが、
話を聞けたところまでのまとめを、前回に引き続き投稿します。


3.気仙沼市・菅原茂市長のお話し
kesennuma.gif
・人口約74,000名のうち死者行方不明者約1400名という
 被害を受けた。
・大震災で約70cm地盤が沈下したことが現在最大の問題となっている。
(ご参考)
海底10m削られ、76cm地盤沈下…気仙沼(2011/4/11 YOMIURIONLINE)
・市内の事業所のうち、約80%が地盤沈下に伴う浸水の被害を受けている。
・沿岸にあった石油タンクが全壊し、市内で大規模な火災が発生した。
 完全に鎮火するまで2週間かかった。
(ご参考)
東日本大震災 気仙沼 津波後の火災 鹿折 Ⅴ -YouTube動画

・狭い道路などが原因で避難時に避難渋滞が発生した。
・津波避難ビルは市内で15か所指定していたが、
 津波によるがれきの影響で2次避難場所への移動が困難であった。
停電、通信断絶、避難所運営の体制等も問題になった。
・過去の経験から避難をしない住民の意識も問題であると感じた。
・震災復興計画の基本は津波による死者をゼロとする街づくりとした。
 副題として「海と生きる」※と名付けた。(副題は市民からの応募とのこと)
 ※気仙沼市震災復興計画「海と生きる」とは(PDF)
・生活道路であった国道45号線が通行不能となり、
 市民生活に大きな支障が出た。
 「命の道」である三陸縦貫自動車道の完成を心待ちにしている。
産業を活性化(復旧、復興)しないと街自体がなくなるという危機感がある。


3.相馬市・立谷秀清市長のお話し
souma.gif
・人口約37,000名の市であるが、
 津波被害を受けたのは約400年ぶりであった。
・宮城、岩手の市町村と異なり、当市は福島原発事故の影響もある。
・現在は「次の死亡者を出さない(いわゆる関連死)」ことを
 最優先に取り組んでいる。
・大震災翌日、仮設住宅計画を作成し、市内の賃貸住宅も
 被災者用に確保した。
国道6号線バイパスが津波の侵入を止める堤防の役目を果たしたため、
 病院など市内の公共施設が震災後機能したことが大きい。
・「くしの歯」作戦(国交省PDF)による物資輸送があったが、
 当市では原発事故の影響で物資が十分に確保できなかった。
 なので、福島市や場合によっては東京まで物資を取りに行った。
image001_kushi.png
・(原発事故の影響で)隣接する南相馬市からも
 約4,000名の避難があり、受け入れた。
・経済自殺防止のため、無料法律相談やPTSD対策も講じた。
・仮設住宅は6月末までに1,500戸が完成し、集合住宅も用意した。
・地域単位のコミュニティを維持し、組長を通じた行政サービスを実現する
 「仮設住宅マネジメント」を実施した。
スポンサーサイト



シェア

テーマ : 防犯・防災 - ジャンル : ライフ

TAG : 東日本大震災 被災地 復旧 復興 相馬 気仙沼 津波 福島原発 地盤沈下

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。