スポンサーサイト【スポンサー広告】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



シェア

M7級首都直下地震、4年内70%について【地震防災(一般家庭)】

1月23日衝撃的?な首都直下地震に関するニュースが流れました。

M7級首都直下地震、4年内70%…東大地震研
(2012/01/23 読売新聞)

東京大学地震研究所(東大地震研)に確認したところ、
この記事は同研究所開催の第897回地震研究所談話会(2011年9月)で
発表された「首都圏地域における地震活動度の変化」が
元記事になっているとのことでした。

第897回地震研究所談話会


では、このニュースの解説をしてみます。

主なポイントは

①「4年以内に起きる可能性は70%」とは
 どのような基準で算出されているのか?

②政府の地震調査研究推進本部の発表している
 「今後30年間で70%程度」との相違の理由はどこにあるのか?

③M7クラスの地震がおきるとどれくらいの被害が出るのか?

というあたりではないでしょうか。


①と②については東大地震研から公式の見解が出ていますので、
こちらを参照いただくのが一番わかりやすいと思います。

2011年東北地方太平洋沖地震による首都圏の地震活動の変化について


③については政府の地震調査研究推進本部より
2004年に試算が出ています。

・建物全壊棟数・消失棟数 約850,000棟
・死者約 11,000人
・経済被害 約 112兆円

shutochokkahigai.gif
試算の詳細(首都直下地震の被害想定/PDF)

特に、東日本大震災と比較して被害が大きくなるのは
建物被害と経済被害であり、この経済被害の
甚大さについては以前もブログで指摘しています。

(ご参考・東日本大震災の被害状況との比較)
     東日本大震災  首都直下地震
建物全壊 約128,500棟 < 約850,000棟
経済被害 約20~30兆円 < 約112兆円

(ご参考・経済被害の甚大さについて)
過去記事(2010/7/6):
首都圏直下地震がおきたら都市としての「東京」はどうなるの?

M7クラスの首都直下型地震の揺れの大きさは、
阪神大震災時の映像からも読み取れます。

阪神淡路大震災 発生の瞬間(Youtube)


東大地震研では

首都直下地震のような直下型の地震の場合は,家屋の倒壊や家具の転倒による死者が8割を占めると言われています.実際,阪神・淡路大震災の時はそうでした.逆に言うと,耐震補強をして,家具を留めれば,8割も被害を軽減できるのです。

と指摘されています。

まずは、地震から命を守るために、
自ら地震対策を用意することが何よりも大切なのです。
スポンサーサイト



シェア

テーマ : 防犯・防災 - ジャンル : ライフ

TAG : 地震予測 地震発生確率 東京大学地震研究所 首都直下型地震 巨大海溝型地震

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【M7級首都直下地震、】

1月23日衝撃的?な首都直下地震に関するニュースが流れました。M7級首都直下地震、4年内70%…東大地
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。