スポンサーサイト【スポンサー広告】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



シェア

地震研究には文系出身者も必要?【地震】

2月3日パシフィコ横浜で行われた
第2回震災予防講演会「横浜の地震・津波をふりかえる
に参加してきました。
090112-2.jpg
会場:パシフィコ横浜

第2回震災予防講演会
「横浜の地震・津波をふりかえる
-来るべき地震に未曾有の称号を与えないために-」
の詳細はこちら(PDF)


ちなみに昨年も参加しています。

過去記事(2011/2/7):
津波被害の歴史を継承するきっかけとは?


今回は、プログラム中、武村雅之先生がお話しされた
ふりかえりの重要性」について投稿します。

takemura001.jpg
武村雅之先生

(出典)第16回震災対策技術展
武村先生略歴

まず、日本の地震防災研究の原点について
2人の研究者を中心にその流れをお話しされました。


============
①佐野利器
佐野利器
・関東大震災からからわずか約10か月後の1924年6月、
 建物の耐震基準策定に携わった。(これは世界でほぼ初めて)
 その際に、東京市(当時)の建築課長も兼任し、東京の復興に携わった。
・建築技術は地震現象の説明学ではないと主張していた。
 →地震予知などの地震現象が解明できなくても、
  建物の耐震にかかる研究は進めないといけない
詳細はWikipedia

②今村明恒
(wikipediaの画像貼る)
・地震学会(現在の日本地震学会の前身)において
 地震知識の交換と普及を目指した。
 普及のために、映画まで制作したらしい。
→それぞれの研究分野を超えた地震知識を交換することと
 世間に普及させることが目的。
・その後、私費を講じて南海地震のための測量所を設立し、
 その地震現象の測定を行った。
詳細はWikipedia
============


彼らの功績や強い意志を称賛された後、
以下のように地震研究者についてまとめられました。

※地震研究においては、理学系(物理学等)だけでなく、工学系(地震工学、建築学等)や
 文系(歴史学、社会学、経済学等)が含まれるとのこと。


・地震の(発生)予測は不可能である前提で研究すべきである。
(ご参考)
過去記事(2011/12/20):
【書評】日本人は知らない「地震予知」の正体

・過去のデータや経験則から地震動(地震のゆれのこと)や
 津波を研究すべきであり、震源の追及にこだわるべきではない。

→いわゆる地震学においては震源の研究が常に優先されたとのこと。

・研究においては歴史と地層記録調査を重視すべき。

・研究においては(理学系以外でも)専門家を育成すべき。
→東日本大震災後、大きな予算のついた地層記録調査の専門家は
 全国で5名程度しかいないとのこと。

(ご参考)
地震・津波の痕跡探る、新富の池でボーリング調査(2012/1/12 読売新聞)


最後に、「人がいるから震災(という災害)が作られるので、
(地震という物理現象でなく)人を中心に防災を研究すべきである」
と結論付けられました。

とても納得感のある発表であり、
このような動きが加速していくことを期待するとともに、
私たちも微力ながらお役にたてるよう取り組んでいきます。

また、武村先生のような考え方が少しずつかもしれませんが、
広まりつつあることもお伝えしておきます。

(ご参考)
過去記事:
東日本大震災で学ぶべきことまとめ①
スポンサーサイト



シェア

テーマ : 防犯・防災 - ジャンル : ライフ

TAG : 地震 津波 耐震 地震工学 地震学 武村雅之 地震予知

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【地震研究には文系出身】

2月3日パシフィコ横浜で行われた第2回震災予防講演会「横浜の地震・津波をふりかえる」に参加してきました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。