スポンサーサイト【スポンサー広告】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



シェア

耐震と免震、制震の違い【地震】

地震の話題や耐震偽装問題などで聞く、この「耐震」というキーワード、
震動に耐えると書いて耐震なので、なんとなく「強くて、しっかりしている」
イメージしている方が多いと思います。
そして、実際にその通りのイメージで概ね間違いありません。

では、「免震」「制震」という言葉は聞いた事がありますか?
そして、どういった意味の言葉なのか知っていますか?

この二つのキーワードはしばしば「耐震」と区別、対比して使われます。
それぞれご説明しましょう。

「免震」…地盤と建物の間に、ゴムやダンパー(揺れを吸収する物)などを
      配置し、揺れを建物に伝えないようにすること。
      あらゆる規模の建築に有効で、揺れも少なく建物構造への
      ダメージは少ないが、縦揺れに弱いことが多く、コストが高い。

「制震」…建物の構造の内部にダンパーなどを配置し、建物に伝わった
      揺れを吸収し抑制すること。
      繰り返しの地震に対しても、建物構造へのダメージが少ないため
      有効に働く。大型の建物で使われていたが、最近は戸建てでも
      効果が実証されてきた。

「耐震」…建物が揺れた場合に、その建物が破壊されないように
      建築材料や建築構造に揺れに対する強度を持たせること。
      建物は壊れないが、中に入っている家財や人には直接揺れが
      伝わるため、家財の損傷や転倒による人命の危険がある。

どうでしょう、みなさんの認識とは合っていましたか?
単に「耐震」と言った場合には、この3種全てを差すこともあります。
ご自宅の耐震性をご確認ください、と言った場合はまさにそうです。

この3種の中で、どれが一番有効なのかは建物の種類や予算によりますが、
最近の大型建築では、これら3種の耐震を全て取り入れることが
当たり前になってきています。

これから住宅をご購入される方も、耐震リフォームをご計画される方も、
それ以外の方も、是非、耐震・免震・制震を正しく理解してご検討下さい。

また既に免震、制震住宅にお住まいの方も、揺れを100%抑えることは
不可能
なので、過信せず、家具の固定を徹底しましょう
スポンサーサイト



シェア

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。