FC2ブログ

スポンサーサイト【スポンサー広告】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



シェア

地震火災はなぜ怖い?【地震】

「地震による火災」と「通常の火災」との違いは何でしょうか?

大きな違いは、地震の場合には通常の消防活動が期待できない
という点です。

なぜ消防活動が期待できないかというと、
・同時多発的に火災が発生するから、消防隊の数が足りない
・倒れた建物などで道路がふさがれ、消防隊が辿り着けない

からです。


消防活動が期待できないと、どういう事態に陥るでしょうか?

火が広がります。延焼被害が拡大してしまうのです。

ちなみに、阪神淡路大震災の場合には、1件の火災の発生で、
平均26棟が巻きこまれ、火災被害にあった住宅のうち、
約93%が全焼しました。

冬の朝5時で、風速は約3メートルのときのことです。

もしこれが、火が使われる夕時で、風速10メートルを超える
ような強風が吹いていたら・・・

火災旋風が発生し、被害はもっと深刻になったといわれています。

火災旋風は、火の竜巻です。コンクリートのマンションも炎上
しまうほど高温の炎の竜巻です。

1923年の関東大震災のときに発生し、甚大な被害をもたらしました。

もしも、蓋然性が高いといわれている「東京湾北部地震」M7.3が、
冬の夕刻に発生し、そのとき、毎秒15メートルの強風が吹いて
いると、65万棟もの建物が焼失すると予測されています。
内閣府防災情報のホームページ

東京都の世帯数はおよそ620万世帯です。

建物1棟の中には、マンションやアパートのように複数の世帯が
生活していることもあれば、だれも生活していないこともあり、
単純計算はできませんが、マンションなども考慮して、仮に、
焼失してしまう65万棟の建物に100万世帯が生活していると
考えると、約16%の世帯が住居を失ってしまう計算になります。

6.3世帯に1世帯の割合で、家を失ってしまうのです。

火災ではなく倒壊する建物の想定数20万棟(30万世帯)をこれに
加えると、およそ20%の世帯が住居を失うことになります。

5世帯に1世帯の割合で、家を失ってしまうのです。

おそろしい数値ですね。いかに身近な危険かがおわかりいただける
のではないでしょうか。

ちなみに、同地震により、避難所での生活を余儀なくされる被災者数を
見てみると、避難所での生活者数は460万人と想定されており、これは
東京都の総人口1300万人のうち、実に35%にあたります。

また、同地震による死者数は、1万1000人と予測されています。

これらの想定数値が物語っていることは、
「命はなんとか助かるが、かなりの割合で家を失う」
ということです。

おそろしい数字ばかり並べてしまいましたが、
「冬の夕方、強風が吹いているときに大地震が発生しないこと」
を祈るばかりです。

ただ、残念なことに、わたしたちは、地震が発生する時期をコントロール
することも、強風を弱めることも、できません。

家を補強する、家具の転倒防止措置を講じておく、地震保険に加入しておく
など、いますぐにできることから始められてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト



シェア

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。