FC2ブログ

スポンサーサイト【スポンサー広告】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



シェア

マーケティング3.0と消防団【地震】

一昨日からの連日更新、3日目になります。
同じく防災推進セミナーについてですが、今回も今一度ご紹介から。

日本都市センター会館で行われた
第12回年防災推進セミナー(第4回日本耐震グランプリ)
に参加してきました。

耐震グランプリ2

耐震グランプリ1

そのうち、総務省消防庁(通称:FDMA、twitterは @FDMA_JAPAN )から
行われた基調講演について、考えてみました。

講演の内容は「地震防災対策」という題目で
・ 迫りくる大規模地震
・ 耐震化・家具固定の重要性
・ 地震情報の伝達
・ 減災に向けた公助
・ 減災に向けた自助・共助

についてお話しがありました。
その中から何点か、気になる部分を書いてみます。
今回は、消防団について。

地震対策には「自助、共助、公助」の3つの視点から考えることが
重要であると言われていますが、共助のひとつとしての消防団について
講演の中で説明が行われました。

ご存知の通り、消防団はさまざまな災害対策活動を行っていますが、
団員数が年々減少しているとのことでした。
FDMAはツイッターの活用も積極的に行われていますので、
ツイッターを通じてフォロワーさんと交流して団員を募ればいいのに、
などと考えました。
生活者が積極的に製品やサービスに関与して、よりよい世界を創り上げる、
というマーケティング3.0※的な視点からはどんどん消防団員が集まってくるはずです。

※マーケティング3.0については以下をご参照ください。
コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則
フィリップ・コトラー (著), ヘルマワン・カルタジャヤ (著),
イワン・セティアワン (著), 恩藏 直人 (監訳), 藤井 清美 (翻訳)
(ブログ)マーケティング3.0ってなんだろう?in the looopより

また、全国で1市を除き、全ての市町村に消防団は設置されているそうです。
この1市ってどこなのかなあ? と帰宅後ググってみたところ、
それは大阪市なのでした。うーむ、大阪かあ、と妙に納得してしまいました。

参考:「消・防」政策エッセイ消防団意見発表を聞いて
スポンサーサイト



シェア

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。