スポンサーサイト【スポンサー広告】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



シェア

縦波・横波とは?【地震】

前回に引き続き、地震についての基礎的な知識を、
今回は「縦揺れ・横揺れ」と「縦波・横波」についてご説明します。

みなさんはこんなことを聞いたことはありますか?

 ・縦揺れは早く到達し、そのあと横揺れが到達する
 ・縦揺れの方が強烈だ
 ・横揺れの方が揺れの幅が大きい
 ・縦揺れは遠くまでは届かないので、横揺れだけ感じたら震源が遠い

これらは全て、ある誤解に基づいた知識なのです。

それは「縦波(P波)・横波(S波)」と「縦揺れ・横揺れ」の混同です。


縦波・横波というのは、振動が伝わる進行方向に対して
揺れが同じ方向か垂直な方向か、というものです。
人が一列に並んでいるとして、
前の人を押すと、前の人は更にその前のを押し、
と伝わっていくのが縦波(波の進行方向に対し同一方向の動き)
スポーツの応援のように隣の人が手を上げたら自分も上げる
(ウェーブを作る)のは横波(波の進行方向に対し垂直方向の動き)。

対して縦揺れ・横揺れは、ある地点での揺れが
上下方向か水平方向か、というものです。

縦波と縦揺れは必ずしも一致しません
振動が伝わる進行方向によって変わります。

最初に挙げた4点は、実は縦揺れ横揺れではなく
縦波(P波)と横波(S波)についての話に基づいていました。
厳密にはそれでも正しくありませんので修正したものを記します。

・P波は早く到達し、そのあとS波が到達する(震源が近いと同時)
・P波は振動周期が短く(カタカタ)、S波は長い(グラングラン)
・P波の方が強烈だ(ただし距離があるとすぐ減衰する)
・S波の方が揺れの幅が大きい
・周期の短い震動(カタカタ)が弱ければ、震源から遠いと判断できる
・P波は震源が近い場合縦揺れになる場合が多い

P波とS波がどんなものかは少しイメージ出来たと思います。

特に注意したいのは一点目。
一見P波は大きな地震が起こる前兆と捉えられがちですが、
重要なのは、震源地では時間差がないということです。
最初に揺れた段階で
「この後グラグラ来るから逃げる準備をしなきゃ」などと
考える時間はありません。巨大地震の場合は、
来た瞬間から身動きできないほど揺れが激しいので、
そのことを念頭に置いて地震対策をしなければならないのです。


ちなみに実は修正前の最初に挙げた4点は、
誤解に基づいた知識というだけであって、
必ずしも間違っているわけではありません。
これに関しては明日記事にしたいと思います。
スポンサーサイト



シェア

テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 地震 前兆 P波 S波 縦波 横波 縦揺れ 横揺れ 震源 地震対策

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。