スポンサーサイト【スポンサー広告】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



シェア

横揺れよりも縦揺れが危険?【地震】

昨日に引き続き、今日は「縦揺れ・横揺れ」について
もう少し詳しくお話します。

念のためおさらいをしましょう。
 縦揺れ:人や建物から見て縦方向の(つまり垂直方向、上下の)揺れ
 横揺れ:人や建物から見て横方向の(つまり水平方向、前後左右の)揺れ
ということでしたね。

あなたは「横揺れよりも縦揺れが危険だ」というような言説を
見聞きしたことはありますか?
昨日の記事の冒頭、誤った知識2点目にも挙げました。


実は「横揺れよりも縦揺れが危険だ」という言説は、
場合によっては正しく、場合によっては間違っているのです。

そもそも一般的には、揺れのエネルギーは
縦揺れよりも横揺れの方が2倍以上も大きいのです。
今までの観測例もほぼそのようになっています。

地震での死亡原因として非常に大きな割合を占める家具の転倒ですが、
家具が吹っ飛ぶ」と表現されるものも、
ほとんどは大きな「横揺れ」のエネルギーによるものです。

縦揺れのみのエネルギーでも吹っ飛ぶ例はあるのですが、
その場合横揺れのエネルギーはさらに莫大なものになります。


ではどんな場合に「縦揺れが危険」なのでしょうか。
まずそもそも、地震の揺れから家を守る手段として、
大きく耐震・制震・免震という方法があります。
 耐震:家を強くする
 制震:揺れを建物で吸収する
 免震:揺れを建物に伝えない
というようなイメージです。

このうち、免震については、
現在ではまだ縦揺れに対する効果が少ない場合が多いのです。
それでもかなり改善されてきてますし、
今後さらに改善されていく流れになっていますが、
横揺れに対する劇的な効果と比較した印象から
「縦揺れが危険」というならば正しいと言えます。

免震は最近の高層マンションなどでよく使われており、
その効果を絶大なものとアピールされることも多いのですが、
免震と言えども100%揺れを断てるものではないと、
正しく認識し、過信しないようにしましょう。


また、実際のエネルギーは「横揺れ」の方が大きいのですが、
人間が感じる恐怖心は「縦揺れ」のときの方が大きいと、
よく大震災を経験した方々からお話をいただきます。

この恐怖心というのは、大きさをはかることが出来ないので、
みなさんが万が一被災した場合にどうお感じになるか分かりません。
ですが、実際にこう感じる方が多かったことから
「縦揺れは危険」という言説が生まれたのだと思います。
スポンサーサイト



シェア

テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 地震 縦揺れ 横揺れ 耐震 制震 免震 大震災 防災

コメント

間違っていますよ~

縦揺れと横揺れの違いが
基本的に間違っていますよ~。
きちんと勉強してくださいね。

ごめんなさい

ごめんなさい。
縦揺れと横揺れは
地震の
縦波と横波
とは全然違う、と言いたかっただけです。
このブログ筆者の方が理解されていれば
問題ありません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。