スポンサーサイト【スポンサー広告】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



シェア

東北地方太平洋沖地震の専門家コメントまとめ【地震】

東北地方太平洋沖地震の発生から
10日あまりが経ちました。

死者、行方不明者が17,000名を超える
戦後最悪の自然災害となることが
残念ながら確定しました。

また、依然として、40万人を超える方々が
避難所生活を余儀なくされています。
少しでも早く、被災地が復旧できるよう
支援の取組みを広げていきましょう。


さて、国内では地震に関する研究をされている
研究者が多数いらっしゃいます。
連日の震災報道においてテレビで拝見された方も
多いのではないでしょうか?

そこで、今回は主な研究者の皆さんが
どのようなコメントをされているか、
どのような解説をされているかを
google検索※してみました。
(ニュース検索で3/11以降に限定して検索)
(掲載順は50音順です。)

今後の地震対策のヒントなどが
専門的な視点から語られていますので、
ぜひとも参考にしてみてください。



河田惠昭教授(関西大学)
プロフィールはこちら

津波、地盤沈み増幅 震源近くはジェット機並み速度 ‎
3/19日本経済新聞
「12日朝の時点でも水が引かないことを考えると、
仙台市の名取川周辺や岩手県陸前高田市などの地盤は
1~2メートルほど沈下していると考えられる」と指摘する。...

3月12日付 よみうり寸評 ‎
3/11読売新聞
著書の「津波災害」で具体例を紹介している...

東日本大震災:識者紙上座談会 想定外の断層破壊 ‎
3/13毎日新聞
今回の地震は日本近海で起こった最大級の海溝型地震だが、
10年以内の発生確率が70%、30年以内が99%と想定されていた
「宮城県沖地震」ではない。...

橋下知事移転意向の55階庁舎、耐震性に疑問符 ‎
3/13読売新聞
「防災上、長所より欠点がはるかに多く、
庁舎移転はやめるべきだ」などと指摘していた。 ...

庁舎流された南三陸町長「頭越える波が行ったり来たりした」 ‎
3/15J-CASTニュース
「建物は耐震基準があるが、カベとか天井、
パイプなどは基準がないんですよ。
空港だってそうでしょ」 ...

和歌山県 教科書に「先人から 伝わる防災の教訓」 ‎
3/19MSN産経ニュース
今春から小学5年生向けの国語教科書(光村図書出版)に
掲載されるのは、河田恵昭センター長が書いた浜口の伝記
「百年後のふるさとを守る」。 ...

初の巨大複合災害 プレート境界型猛威 ‎
3/12中国新聞
「起こり得ない地震ではないが、自治体は
こんな大きな規模のものは想定していなかっただろう」
「今回、まだ情報のないところは
絶対に被害が出ていると思わないといけない」 ...



中林一樹教授(首都大学東京)
プロフィールはこちら

【輪番停電】14日から計画停電「暖房控え、ひとつの部屋に ... ‎
3/13MSN産経ニュース
「出勤時にブレーカーを落とし、帰宅したら上げる方法が
もっとも効果的だ」と話す。…

電車はもう待てない!
自転車ツーキニスト増加中~混乱する首都圏(3) ‎
3/15データ・マックス
『計画停電は節電することによって免れることができ、
最も節電に貢献するのが「電車の運休や本数制限」だという』 …

「緊急疎開」関西にも 県外避難1万5千人受け入れ進む ‎
3/18朝日新聞
「仕事がある人や高齢者など被災地や周辺を離れられない人は多い。
東北や関東から一斉に人が避難するような事態は考えにくい」
と推測する。



福和伸夫教授(名古屋大学)
プロフィールはこちら

「浜岡原発の安全性は」 東日本大震災で御前崎市が中電に説明要求 ‎
3/13中日新聞
「1号機は全国で稼働中の原発の中でも旧式のもの。
今回の規模の被害が他の原発でも起こるとは考えにくい」
と指摘する。..



古村孝志教授(東京大学)
プロフィールはこちら

「1000年に1度」の揺れ、貞観地震と酷似 ‎
(3/13スポーツニッポン
869年に発生した「貞観(じょうがん)地震」と酷似。
貞観地震の震源域と考えられる範囲は、
今回の地震の発生場所に近いという。 ...

震災の揺れは6分間 キラーパルス少なく 東大地震研 ‎
3/17朝日新聞
東日本大震災を起こした地震の揺れが
東日本全体で約6分間続いたことが、...

東日本大震災:津波最大十数メートル 東京大地震研教授ら分析 ‎
3/14毎日新聞
東日本大震災で発生した大津波は、
地震発生後10分以内で東日本各地の沿岸に到達し、
最大で高さ十数メートル以上に上った可能性があることが、‎...

津波第2波が壊滅的被害もたらす
東大地震研が再現「速く大きく…」 ‎
3/18MSN産経ニュース
東日本大震災の巨大津波は、地震発生の25分後に到達した
第2波から壊滅的な被害が始まった可能性が高いことが、...

大地震が広範囲で連動、観測史上初めて ‎
3/12日刊工業新聞
「広い範囲で大きな地震が連動して発生」していることを挙げる。
これだけの規模は1000年前に起きた可能性があるが
「観測できる限りは初めて」のことだと言う。 ...

想定外の大きさ、連動地震の可能性 ‎
3/11読売新聞
「宮城から茨城にかけての海域では想定外の大きさだ」と驚く。
この海域では、日本列島をのせた陸のプレート(岩板)の下に、
海のプレートが沈み込む「日本海溝」がある。 ...

東日本大震災:すべての建築物激しく揺れる 都心の地震波 ‎
3/12毎日新聞
東京都内で観測された地震動は、
超高層ビルから木造家屋や低層建築まで、
すべてのタイプの建物を激しく揺らす
特徴的なものだったことが...

津波対策、限界を超えていた~地震専門家 ‎
3/14日テレNEWS24
「防潮堤を造る、防潮堤をかさ上げする対策は
今までとられてきたんですね。チリ地震が
起きたりしても、今までは守られてきた。
ただ、今回の津波ははるかにそれを ...



他にもここで紹介しきれない様々な専門家の方々が、
これまで研究を重ね、今世間に情報を伝えようと
ご尽力くださっています。
そういった方々に敬意を払いつつ、
しっかりと情報を見聞きし正誤を判断し、
自分の成すべきことを考えていくこと

私達にできる復興支援の第一歩ではないでしょうか。
スポンサーサイト



シェア

テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 地震 津波 住宅 工務店 余震 地震補償付き住宅

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。