スポンサーサイト【スポンサー広告】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



シェア

東京都の地震発生確率は高いのか?【地震】

 先日の記事で、30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率について、
  東京都(都庁付近)の19.6%(0.1%増)は意外に低い
と書きました。

 これは日々営業していて、東京都のビルダーさんの地震に対する意識が
非常に高いので、もう少し高いのかな、という実感があったからなのです。


 しかし19.6%という数値をよく考えたら、
私にはとても高く感じられました

 この数値が一体どれほどの確率なのかをイメージするために、
地震とは全く別の脅威と比較してみましょう。


 今後30年以内にガンを発症する確率(*1)は平均で12.0%です。
ガンは日本人の二人に一人が疾病すると言われているほど身近にある脅威
ですが、若い人ほどかかりにくいので、平均するとこの値になります。
 もう一つの例として、今後30年以内にご自宅が火災に遭う確率(*2)を
見てみると、平均で3.5%です。さらに、ご自宅が空き巣被害に遭う確率は
3.4%となっています。


 ガンの1.5倍以上、火災や空き巣の5倍以上の確率で起きる大地震。

 東京都防災ホームページの被害想定によると、
最大震度が6弱に収まったとしても、2万棟以上が全壊
時間帯によっては10万棟以上が火災で消失するということでした。


 12万世帯以上が、家を失ってしまうような
大災害が起こる確率が19.6%

 あなたなら高いと感じますか?低いと感じますか?


(*1)国立がんセンター統計資料より
(*2)総務省住宅・土地統計調査、損害保険料率算出機構統計データより
スポンサーサイト



シェア

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報 - ジャンル : 地域情報

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。